GAtechnologiesがモダンスタンダードを完全子会社化

先週、内見予約くんなどで賃貸業界にも一石を投じているGA technologiesが、高級賃貸をけん引してきたモダンスタンダードを買収するというニュースが業界を席巻した。

松田氏のブログ: ModernStandard代表松田の我流経営見聞録

株式会社GA technologies(GA)が、高級賃貸領域のリーディングカンパニーである、株式会社Modern Standard(以下、MS)を完全子会社化しました。2019年12月9日の出来事です。MSのGAグループ会社化というニュースは、東京都千代田区にある、丸の内トラストタワーにて発表されました。当日は、GAの代表取締役社長CEOである樋口龍氏(画像下左)と、MSの代表取締役である松田啓介氏(画像下右)の両名より、本件についての説明がありました。そのときの模様をSUMAVEのSNSでフォトレポートしたのですが、このニュースが翌日以降の取材先で何度か話題に。関係者からの関心の高さを考慮し、記者会見当日の内容を本記事で取り上げたいと思います。

樋口:MS社は、業界最高水準の高級賃貸メディアを持っています。特に、東京都港区にある、赤坂、青山、麻布の3Aエリアに強い。MSのメディアは、月間100万PVを超えています。

樋口:会員については、『RENOSY(リノシー)』が約6万人、MSが約7万人です。GAグループ全体で2.2倍になると見込んでいます。13万人の会員を抱えることになり、これがRENOSY事業の成約件数を牽引するであろうと考えています。

樋口:MSの特徴は、顧客の年収です。契約顧客のうち、42%が1,000万円以上と、契約者のなかでも高所得者が大きな割合を占めています。この事実は、高級賃貸エリアでのユーザー認知度の高さでもあります。

樋口:また、私たちが活用しているような社内システムをMSのセールスパーソンに使ってもらうことで、セールスパーソン一人当たりの生産性を高めることもできるはずです。さらに『RENOSY』とMSとで、クロスセルを達成できる点も見逃せません。不動産売買の顧客に投資不動産の案件を提案するなどです。この親和性はとても高い。

樋口:不動産テックが最初に盛り上がったのは2013年前後だったと記憶しています。当社が設立したのもそのころです。当時から私たちは、ネットとリアルをワンストップでやるというビジョンを掲げていました。しかし、MSは、私たちよりも約4年も早く、ネットとリアルの2つの世界に着手しています。いわば、先駆者です。MSへの私の認識とはそうしたもので、GA technologies創業当時から、「いつか、一緒にやりたい」という思いを抱いていました。高級賃貸という分野でメディアを立ち上げ、ワンストップでやっている会社はありませんでしたから。そのキーワードで物件を検索したとき、確実に、MSのサイトが上位表示されます。

樋口:「MSが築いたブランドに伍するものを」そう考えると、私たちがゼロベースで自社メディアを立ち上げれば、5年10年という年月がかかるでしょう。この先行者利益は大きく、そのメディアパワーをRENOSY事業へ展開することができるようになるわけです。私たちの不動産売買、実需や投資の領域でも、非常に生きてきます。私の隣に座る松田(画像下右)は、ネットとリアルのどちらにも豊富な知見を持つ人物です。ゼロから高級賃貸というメディアを立ち上げ、実績を作ってきた彼と、今後、GAグループで一緒にやらせてもらうことになりました。GAとMSの双方にメリットがあり、お互いの強みがお互いに効果を生み出すと確信しています。

樋口:今回のM&Aは、3か月や半年という期間で考えたわけではありません。私はGA technologies創業当時からMSをベンチマークしていたのです。

このサイトが当社にあれば、より、当社の事業をグロースできるのに。いつか一緒にやれたら

樋口:そんな目線でずっと考えていました。「このサイトが当社にあれば、より、当社の事業をグロースできるのに。いつか一緒にやれたら」私たちとしては、非常に心強い仲間がグループに加わったと思っています。

不動産テック専門メディア スマーブ

関連する記事