賃貸借契約に関する民法のルールが変わります

2017 年5月に成立した「民法の一部を改正する法律」が 2020 年4月1日から施行されます。この改正では,契約に関 するルールを中心に,民法の債権関係の分野について全般的な 見直しがされています。

賃貸借継続中のルール

  • 賃借物の修繕に関する要件の見直し
  • 賃貸不動産が譲渡された場合のルールの明確化

賃貸借終了時のルール

  • 賃借人の原状回復義務及び収去義務等の明確化
  • 敷金に関するルールの明確化

賃貸借契約から生ずる債務の保証に関するルール

  

賃貸借契約に関するルールの見直しについて詳しい資料はこちら

関連する記事