賃貸住宅型サービスOYO LIFEが大東建託リーシングとパートナーシップ契約を締結

 急速に拡大するインドのホスピタリティ会社OYOとヤフー株式会社の合弁会社であるOYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN株式会社(以下、OYO T&H)は、7月1日に大東建託リーシングとパートナーシップ契約を締結したと発表した。「OYO LIFE」の賃貸サービスを、大東建託リーシングの顧客に提供を開始する。

 OYO LIFEは、スマートフォンで物件探しから契約、支払いのインフラ整備まで、一気通貫のサービスを提供。すべての部屋が家具家電付きで、公共料金やWi-Fi通信費など、基本的なアメニティが含まれる賃貸住宅を提供するサービス。現時点で都内に1,900室以上の物件を保有している。

 今回の提携により大東建託リーシングは、顧客の要望に応じてOYO LIFEのサービスを紹介し、希望の部屋が見つかるまで、OYO LIFEのサブスクリプション型賃貸を利用することが可能となる。

不動産ニュース提供元:https://landings.oyolife.co.jp/partner-daitokentaku

関連する記事